若白髪の原因とは

若白髪の原因とは

若いのに白髪が生えると老けてみられますよね。
女性でも男性でも若いのに年を取ってみられると嫌なものです。
若白髪の原因というのは一体何なのでしょうか。
原因が分かればこれからさらに白髪が増えてしまうのかどうか分かりますので、対策や予防もしやすくなりますね。
考えられる若白髪の原因について、情報をまとめてみましたので若白髪対策に役立ててください。

若白髪は遺伝なの?

髪の毛というのは比較的親からの遺伝が強く反映されると言われています。
白髪だけでは無く薄毛なども、親や祖父母からの遺伝が表われやすいと考えられているのです。
親や祖父母の髪の毛が薄いとその子供や孫の髪の毛も薄くなる確率は高くなります。
もし白髪が多い家系であるなら、その子供たちも若白髪になったり白髪の量が人より多くなったりする確率が高くなっていきます。

 

医学的にも今の研究では親のどちらかが若いときから白髪が多いなら、その子供も若白髪になりやすいのではないかと言われています。
若いときからの白髪というのは嫌なものですが、若いときから薄毛であるという問題に比べるとまだ対処がしやすいと感じている若者たちがたくさんいます。
高機能な白髪染めがあるので使うことが出来ますし、髪の毛を短く切ると白髪が目立たなくなると感じている人たちもいますよ。

こめかみの白髪は要注意?

別の考えられる若白髪の原因はストレスです。
ストレスというのは体の色々なところに影響を与えますが、影響が出やすいのが髪の毛の色です。
漫画などでもショックを受けたときに髪の毛が真っ白になる描写がありますが、実はあながち間違ったことではありません。
一瞬で髪が真っ白になってしまうことはありませんが、ストレスを感じ続けると白髪になってしまうことがあります。
若い人は試験勉強やアルバイトなどで夜更かしをすることがあるでしょう。
夜更かしをすると体が休まらないのでストレスが溜まりやすくなってしまいます。
人間は昼間のうちに活発に活動し交感神経が働くようになっています。
そして、夜のうちに副交感神経が働いて体を休ませ、毛根の組織なども力を蓄えます。
夜にきちんと寝れないと毛根の組織に疲労が溜まり、髪の毛を黒にするメラニン色素が十分髪の毛に入り込めません。
結果として白髪が増えていくことになるのです。

 

睡眠を取ることが若白髪を防ぐ助けになりますが、夜の22時以降の早めの時間に眠るようにしてください。
22時以降から細胞の再生や活動が始まってくからです。
ストレスが溜まるとこめかみに集中している神経細胞が疲弊してきます。
特に勉強や仕事で目を酷使しているときなどはこめかみのあたりの神経が疲れやすくなるでしょう。
そうするとこめかみ付近の髪の毛に白髪が現れやすくなります。
こめかみのあたりに白髪が出てきたら目を使いすぎていないか、ストレスが溜まりすぎていないかを考えてください。

若さゆえの原因とは?

ダイエットのしすぎも若白髪の原因となってしまいます。
どうしてダイエットと若白髪が関係するのか不思議に思われるかも知れません。
実は栄養バランスが崩れてしまうと白髪が出来やすいのです。
食事の量を減らすダイエットというのは摂取カロリーが減ってしまうので、体の細胞を正常に機能させるだけの栄養を摂取できなくなってしまいます。
十分なエネルギーが無いので体の各細胞は自分たちの活動をセーブします。
そうすると黒い髪を作り出す細胞たちも活動をセーブし白髪が増えてくるのです。

 

スマートフォンを使いすぎると目を酷使しますので頭皮の血行不良が起きます。
目の周りの筋肉の血流が悪くなると、その先にある頭皮の血行も悪くなっていくのです。
そうすると健康な髪の毛を作り出す毛根に血液が十分に行かなくなり、髪の毛が抜けたり白髪が生えてきたりしてしまいます。

考えられる病気

病気が原因で若白髪になってしまうこともあります。
尋常性白斑というものは原因不明ですが、体の色を作り出すメラニン色素が正常に分泌されずその部分だけ色が抜けてしまう現象です。
頭皮に尋常性白斑が現れると白髪になってしまいます。

 

頭皮の栄養不足の原因となる鉄欠乏性貧血やメラニン色素を攻撃する原田病なども白髪の原因となります。
病気では無いですが、時々見られるのは銀歯を入れているための金属アレルギーにより白髪になる現象です。
若いときには虫歯になりやすいので銀歯を入れることがあるかも知れませんが、体がアレルギー反応を起こして白髪になってしまうことが考えられます。
耳の近くに白髪が生えてきたときは口の中に問題があると言われていますので注意しましょう。

 

若白髪の原因というのは複数考えられます。
親からの遺伝というケースもあれば、ストレスが原因だったりダイエットやスマートフォンが原因となったりすることがありました。
病気の可能性もありますのでもし異常な白髪の増加が見られるときには十分に注意してください。
そんなときは親や医療の専門家に相談すると良いでしょう。