白髪染めするなら頭皮に優しいもの 

白髪染めするなら頭皮に優しいもの 

早い人は10代の後半や20代の後半から白髪が生えてきて悩まされています。
白髪が異常に生えてくると、白髪染めをして白髪ケアをしたいと思うものです。
頭皮に優しい白髪染めというのがあるのか、頭皮を守るにはどんな白髪染めの方法が良いのかなどを考えていきましょう。
髪の毛と頭皮のコンディションを守るためにこれらの情報を参考にしてくださいね。

頭皮に優しい白髪染めの選び方

頭皮に優しい白髪染めを選ぶには、刺激の強くないダメージが少ないものを選ぶようにしましょう。
そのためには色持ちが良いものや、簡単に失敗無く染められるものを選ぶのがポイントです。
ダメージが大きな刺激が強い白髪染めというのは髪と頭皮を弱め、髪から色が抜けやすくなってしまうのですぐに色落ちしてしまいます。
せっかく白髪を染めたとしても早く白髪が見えてきてしまうのです。
いったん染めた色を長持ちさせたいなら、低刺激のものを選んでください。
色持ちが良い物を買ったときには、薄めに白髪を染めるようにしましょう。
しっかり染まる良質の白髪染めは薄めに染めるだけで、自然と白髪の色を黒髪に近づけて決めます。
そうするメリットは頭皮を痛めつけないということと、髪の毛が新たに伸びてきたときに染まっている場所と染まっていない場所がくっきり分かれないということです。
グラデーションになるので染まっていない場所が目立たずに長持ちするのです。
簡単に染められる白髪染めを選ぶポイントはダメージの少ない天然素材の白髪染めです。
脱色効果がないものを選ぶことも忘れないでください。
天然素材の白髪染めはムラになること無く染められるので扱いやすく、頭皮に負担もあまりかかりません。

頭皮に優しい白髪染めとは?

頭皮に優しい白髪染めはヘナカラーという天然植物から造られたものです。
ヘナは頭皮をほとんど傷めることがありませんし、脱色作用が無いので髪の毛を痛めることがありません。
自然な色を髪の中にしっかりと浸透させることが出来ます。

 

天然植物から取られたものなので仕上がりの色も自然ですし、何度か白髪染めを繰り返すことによって自然と髪が黒々としてきます。
ムラも出にくいので白髪染めに失敗する確率も減りますよ。

 

白髪用トリートメントというものがあり、普通のトリートメントに染料が入っているのが特徴です。
お風呂に入る度に白髪用トリートメントを使うと少しずつ白髪に色が入っていきます。
強力な白髪染めのように皮膚に付いたら色が落ちないとか爪に染料が入ってしまうといったことがありません。

 

頭皮に負担の少ない白髪用トリートメントを選ぶときは、強力なタイプでは無く染める力が比較的弱いものを使うようにしましょう。
弱いタイプを毎日使うと頭皮や髪の毛を痛めることはありません。
ちなみに私が使用したりしている白髪用トリートメントは利尻ヘアカラートリートメントです。
頭皮にも優しいので良かったです。

白髪染めについて知っておきたい注意点

白髪染めをするときにヘアカラーを選ぶことがあるかも知れません。
ヘアカラーというのは髪の毛の中にあるメラニン色素を化学染料の力でいったん壊し、髪の内側から色を入れていくものです。
このヘアカラーを使うと、髪の毛の中から染まるので色落ちがしづらく数ヶ月は黒い色が持ちます。
しかも一回だけで染めることが出来るので手間がかかりません。
しかし、頭皮を傷めてしまうというデメリットがあります。
一度メラニン色素を壊すので髪の毛にもダメージを与えます。
髪の毛の細胞を壊すほど刺激の強い化学染料を使っているのでどうしても頭皮に負担を掛けてしまいます。
もしアレルギー体質だったり敏感肌だったりするときには注意しなくてはいけません。

白髪染めの頻度はどれくらいがいいの?

頭皮に負担を掛けないように白髪染めをするのはどれくらいの頻度が良いのでしょうか。
一般的に負担が少ないと言われているのは2ヶ月に1度程度です。

 

ヘアサイクルというのは髪の生まれ変わる速度を意味しますが、大抵2ヶ月から3ヶ月で髪の毛は入れ替わるので、白髪染めもそれにあわせたら良いと考えられています。
個人で白髪染めをするとプロにしてもらう場合よりも色むらができることがあります。
そうすると染料をたくさん使ってしまい、それだけ頭皮に負担を掛けます。
個人で白髪染めをして頭皮が傷んでいるなと思うときには2ヶ月以上時間をおいてください。
刺激の少ないヘナカラーやトリートメントタイプはもう少し頻度を上げても大丈夫です。

 

最近は髪の毛全体を一度染めてから、気になるところを低刺激の白髪染めで部分染めできるようにもなってきています。
美容室などで白髪染めをしてもらうときには、頭皮のコンディションを見てもらいながら、最適な白髪染めのサイクルを考えるようにしていきましょう。

 

白髪染めをするなら頭皮に優しいものを選んでいきたいと思います。
髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶときには色持ちが良いことや簡単に扱えるものを選ぶようにしましょう。
天然植物を使用したヘナカラーを使ったり、トリートメントに染料が入っているタイプを使用したりすると、頭皮への負担を和らげられるので参考にしてくださいね。