白髪の原因とは

白髪の原因とは

日本人は30代以降に白髪になりやすいと言われていますが、白髪の原因とは一体何なのでしょうか。
白髪が一本や二本だけ見つかったときには、すぐに抜いたりして簡単に対処できますが、白髪の本数が増えてくると手に負えなくなってしまいます。
鏡を見て白髪があるのに気がつくと加齢を感じがっかりしてしまうことがあるでしょう。
効果的な白髪対策をするためにも白髪の原因について考えてみたいと思います。

色素の細胞が壊れている?

白髪の原因には色々な要因が考えられますが、一つは色素の細胞が壊れているのでは無いかということです。
黒髪を作るには色素幹細胞が十分に機能している必要があります。
色素幹細胞というのは髪の毛の根っこの毛根のあたりにあるものです。
この色素幹細胞は細胞の複製能力が高く、無限に増殖を繰り返していくことが出来ます。
髪の毛を作り出していくときに、色素幹細胞が黒い色素を髪の毛の中に注入していくのです。
もしこの色素幹細胞が壊れていて、正しく機能しなかったり能力が低くなったりすると髪の毛は黒色では無くなってしまいます。
細胞自体が正しく機能していても増殖能力が落ちるなら、十分なメラニン色素を作れないので白髪が増えてしまうでしょう。
色素幹細胞の機能を維持して行くにはコラーゲンの一種である17型コラーゲンが有効と考えられています。
ただこの17型コラーゲンを、どのように摂取することが出来るのかというのは分かっていないので、今後の研究成果が待たれます。
私はよく頭皮がが痒くなることがあったのですがそれでよくかいていました。
いつもかゆいのは頭皮の両サイドです。
そしたら両サイドがから白髪が非常に白髪が増えてきたのですがこれもかきすぎて細胞が壊れているのかなと思ったりもしています。
もちろん確実なことは言えませんがなるべく頭皮をかくなどはしないようにした方が良いと思います。

体の血流が悪いため?

別の白髪の原因は体の血流が悪いためではないかと言われています。
体の血流が悪いと髪の色素を生成する場所のメラノサイトがきちんと稼働しません。
メラノサイトが稼働して髪の黒い色素を作り出していくためには、多くの栄養素が必要となります。
この栄養素を運ぶのが血液ですが、血流が悪くなってくると栄養素が十分にメラノサイトに供給されずに白髪になってしまうのでは無いかと考えられているのです。
頭皮の血流が悪くなってしまうのは初潮や妊娠の時です。
初潮の時というのは体の血液や栄養素が子宮のあたりに集まりメラノサイトまで行き渡らないことがあります。
ただ、からだが女性のホルモンリズムに慣れてくると、徐々にどんなときでも体全体に血液や栄養素を供給できるようになっていきます。
出産の時には体は血液と栄養素を赤ちゃんに供給することを優先します。
メラノサイトは後回しにされてしまうので白髪が増えてしまうことがあるのです。
閉経してしまうときもメラノサイトに栄養が不足することがあります。
体の老化が始まるしるしとなるので、体全体の血行が悪くなりますし、老化に向けた準備のために心臓や他の臓器を強めるためにそちらが優先されてしまうのです。
生殖機能やメラノサイトの優先順位が下がる時期となっています。

頭皮の柔らかさも関係するの?

ストレスを抱えてしまうと体が緊張状態にあるので頭皮が堅くなってきます。
そうすると頭皮の血行が悪くなり毛根に十分な血液が行き渡らなくなります。
頭皮は薄いものですがそこには多くの神経や筋肉が集まっています。
神経や筋肉というのは自分で動くことが出来ないので、どうしてもストレスや疲れが溜まると固まりやすくなります。
忙しいときなどは意識的に頭皮の血行を促すためにも頭皮マッサージをするようにしてください。
パソコンに集中して仕事をするような人は特に頭皮が堅くなる傾向にありますので、シャンプーの時などに頭皮をもみほぐして上げましょう。
頭皮マッサージの時に注意したいのは爪を立てて頭皮をもんではいけないということです。
爪を立ててしまうと毛根を傷つけてメラニン色素の生成を促す細胞を壊してしまうことになりかねません。
指の腹を使ってゆっくりマッサージしてくださいね。

生活習慣が白髪に直結?

年末年始などは宴会が多くなり生活習慣が乱れてしまいます。
会議などが多いと外食も多くなって食事の内容も乱れてしまうことがあるでしょう。
そうすると血液がドロドロになり毛根へ栄養素がなかなか運ばれずに白髪になりやすくなります。
外食が多いと食べすぎてしまい胃や腸が消耗します。
たくさんの食事を消化するには多くの体力が必要です。
胃腸が消化のためだけに体力を使っていくと消耗してきて腸の中の状態が悪くなっていきます。
活性酸素などが溜まって腸の中に悪性の細菌などが溜まりやすくなるのです。
結果として血液も汚れやすくなりドロドロになってしまいます。
外食が多くなってきたり、カップラーメンなどのインスタント食品や添加物の多い冷凍食品が多くなってきたりしたときは、白髪が増える原因を作ることにもなってしまうので気をつけてください。

 

白髪の原因には色素幹細胞の損傷や血流の悪さという要素が考えられました。
女性ホルモンのバランスは繊細なものなので自分の体の声にしっかり耳を傾けて上げましょう。
食事の習慣を中心とした生活習慣も注意しないと白髪の原因となってしまいますので気をつけていきたいと思います。